お知らせ・祭祀:お知らせ

<2015年 7月29日

月次祭(七月の天神さん)

祇園祭の神幸祭・還幸祭のご奉仕を終えまして、
今月も天神さんの日の月次祭を執り行いました。
大阪天満宮さんでは、陸渡御・船渡御を見るのも楽しい
盛大な例祭をされていました。
美しい花火も打ち上ったようで、お慶び申し上げます。

8月1日から始まる「京の七夕」協賛、
新京極七夕まつりで短冊祈願・火焚祭をさせていただく予定ですので、
7月の天神さんの日は火焚祭をいたしませんでした。

なお、8月1日(土)午後3時より、ろっくんプラザ華舞台にて、
同日午後3時30分より、錦天満宮境内にて、
新京極七夕まつりのオープニングイベントとしまして、
和楽器演奏集団・独楽さまの和楽器演奏・獅子舞奉納がございます。

また、短冊祈願・火焚祭は、
8月15日(土)午後12時から錦天満宮境内で行う予定です。

その他、新京極商店街さんでは手作り市やライブを開催されますので、
8月1日から15日の七夕まつり期間中にぜひお立ち寄りください。
「新京極 七夕まつり」
http://www.shinkyogoku.or.jp/news/42.html


DSC01082.JPG
【遠州流・京都支部さまの献花】

DSC01084.JPG
【今月の華包み】

<2015年 7月25日

祇園祭のご奉仕

本年も、祇園祭神幸祭・還幸祭を無事に済ませることができました。
西御座・錦神輿会様の神輿渡御安全祈願、また、
綾戸國中神社様の久世駒形稚児様の正式参拝を、
神幸祭・還幸祭ともにご奉仕させていただきました。

17日の神幸祭は、台風11号接近の影響により終日の大雨で、
外を歩かれる方々には大変な一日であったことと存じます。
また、24日の還幸祭は逆に日照りで高温。
皆さまお疲れさまでございました。

DSC01024.JPG
【神輿先導を終えられ、正式参拝される久世駒形稚児様(神幸祭)】

DSC01034.JPG

DSC01043.JPG
【正式参拝後、騎馬される久世駒形稚児様(還幸祭)】

西御座・錦神輿会様も、神幸祭はどしゃ降りの中での安全祈願。
神輿渡御が行われるか否かの発表を祈りながら待つほどでしたが、
無事に渡御を終えられて御旅所へ御神輿を安置されました。
翌週24日には、快晴のもと滞りなく安全祈願を執り行いました。
DSC01045.JPG

DSC01048.JPG

DSC01050.JPGのサムネイル画像

DSC01057.JPG
【西御座・錦神輿会様の神輿渡御安全祈願(還幸祭)】


DSC01068.JPG

DSC01071.JPG
【錦小路寺町を通過される西御座・錦神輿会様の御神輿】

DSC01074.JPG
【年に一度、祇園祭還幸祭の夜は御神輿が通る22時ごろまで
 門を開けて担ぎ手さんのご参拝と給水をお待ちしております】

祇園祭の神事は、31日に八坂神社様の夏越祓まで7月いっぱい続きます。
梅雨も明け、本格的な蒸し暑さとなる京都です。

<2015年 7月 6日

畳が新しくなりました

先日、社務所の畳を張り替えていただきました。
朝から、二間分を畳屋さんがひょいひょいと担ぎ出して行かれ、
翌朝にはパズルのように真新しい畳が入りました。

DSC01014.JPG
【古い畳の運び出し】

DSC01017.JPG
【新しい畳が入りました】

DSC01018.JPG
【今は社務所中で、い草の良い香りがします】

畳の搬入が晴れた日でしたので、雑巾がけをしました。
お迎えするお客さまにも、気持ちよく使っていただけることと存じます。

<2015年 6月30日

月次祭(六月の天神さん)

梅雨の晴れ間、
今月も25日の天神さんの日の月次祭が執り行われました。
少し風が強かったため、小さな境内での火焚祭は気を遣いましたが、
皆さまの書いてくださった焚き上げ串と大願梅のお焚き上げを、
成就祈願の後、無事に終えることができました。

DSC01008.JPG

6月は、たくさんの修学旅行生がおみえになります。
気づけば境内が修学旅行生でいっぱいだったということもあります。
知恵・学問の天神さまですので、学生さんに親しまれることは
道真公もお喜びになっていることでしょう。

もちろん、商売繁盛・厄除けに毎朝ご参拝にみえる社会人の方もおられます。
末社には源融公ご祭神の安産の神様、塩竈神社さんもあり、
安産祈願に通われるご家族の姿をよくお見かけします。
皆さんにとって、親しみやすい神社になりますようご奉仕させていただきます。

DSC01013.JPG
遠州京都支部さまより献花

<2015年 6月15日

桜の伐木清祓い

6月に入り、隔日の長雨の影響か、
境内末社の海棠桜が根本から倒れ、拝殿の屋根にもたれておりました。
長年にわたり、錦塩竃神社のそばで美しく咲き誇り、
街中の桜よりもひと足早く満開を迎えて春の訪れを知らせてくれた海棠桜は、
伐木よりほか無く、惜しまれながらも伐っていただくことになりました。
DSC_0460.JPG
神職による、伐木安全清祓祭。
関係者(庭師さん)の安全祈願をいたしました。

DSC_0459.JPG

DSC_0463.JPG
桜の木の前でのお祓い、切幣散米。

少し寂しい気もいたしますが、
境内にはまだたくさんの木々草花があります。
都会のオアシスと言われる錦天満宮の末社さんにも、ぜひご参拝ください。
 

月間アーカイブ

ページトップ